レッスン

バイオリンがうまくなる!良い姿勢の作り方

なにか楽器を始めるにあたって、どんな楽器でも「まずはいい姿勢で」と言われますよね。

楽器を持つ体も振動するので、程よく体から力の抜けた姿勢をする方が、音も美しく響きます。

しかし、バイオリンにとっての姿勢は、音質を改善する以外にも、今後の練習を左右するものであるなぁと実感しています。

というのも、私自身、バイオリンを弾くときの姿勢に癖がついたまま進めてしまうと、新しい技術を学んだ時にどうも弾きにくいという場面が出てきたのです。

本記事では、今後のバイオリンの練習でつまずかないために、

  • バイオリン演奏時の姿勢の作り方
  • 良い姿勢をすることで演奏にもたらす効果

をご紹介したいと思います。

あわせて読みたい
アラサーからバイオリンを始めてみた。~2年間の成果をご報告~アラサーにして全くの初心者からバイオリンを習い始めた私。 早いもので、2年が経過しました。 バイオリンをやってみたいけ...

まずは骨盤を立てよう!

大人の方ですと、既に猫背だったり、お尻をぺたんとつけてしまう姿勢が身についてしまった方もいると思います。

これを簡単に直す方法は、「骨盤を立たせるイメージをもつこと」。それだけで、自然に背筋が伸びます!!

ところで、「なんで背中を伸ばすのがいい姿勢なの?」と思われるかもしれません。

冒頭でもお話しした、音の響きをよくするため、というのもあるのですが、
バイオリンにおいては、楽器からお腹までの空間が広くなることで、左腕をスムーズに動かせることができるようになるからという理由があります。

例えば、低い音の弦(G線やD線)を弾くときは、ひじをより体の内側に入れることになります。
また、ポジションチェンジでもひじを前後に動かします。

猫背だと、これらが非常にしづらくなり、演奏の妨げになってしまうんです!
特に女性の場合は、胸が邪魔をしますしね(笑)

骨盤が立っているかわからない場合は、お尻が軽く浮き、ウエストの下あたりがきゅっと内側に入ったかどうかを手で押さえて確認してみてくださいね!!

のけぞりはダメ!

「良い姿勢」とは「胸を張って背筋を伸ばすことだ」と考え、オペラ歌手のように声高らかに上を向いて歌っているイメージを想像するかもしれませんが、
過度に胸を張ってのけぞってしまうのは、逆にNGです!

特に女性は反り腰の方が多いので、注意が必要ですね。

のけぞりがダメな理由は、以下の2点です。

  1. 腰が内側に入って、腰を痛めてしまう
  2. 楽器が外側を向いてしまう

楽器が外側を向いてしまうのがなぜダメかというと、弓を持つ右腕がその分伸びなくなってしまうから
弓を先から根本までたっぷり使うことができないと、豊かな音になりません!!

のけぞらないような良い姿勢を作る方法は、肩に力が入らないレベルで、上腹に力を入れること。
これで体に「芯」ができ、安定した姿勢を保つことができます。

バイオリンにとっての良い姿勢は、実は無理に背筋を伸ばさなくても、これで十分なのです。



そのままの高さで前傾姿勢!

ここまでで基本的な姿勢は作ることができました。

最後の姿勢は、ボーイングのダウン時(腕を上から下に引くこと)に、骨盤を立てたまま体を前に倒します

そうすることで重心が前に移動し、その動きに合わせて右腕を後ろに引きやすくなるため、ボーイングが楽に!

さらに、腕に余計な力が入らないため、音がつぶれることがなくなりました!

ここで注意したいのは、楽器の高さ自体は変えないこと。
前かがみになるというよりは、楽器が前にそのまま引っ張られるイメージです。
体と楽器の位置関係を固定することで、ボーイングも安定しますよ!

実は足の出し方は、先生によって「左右そろえたほうがよい」という指導をする方もいます。

ただ、バイオリンは左に楽器を持っているため、重心が左に傾きます。
それを支えるためだとすると、やはり左足を前に出すほうがいいのかなと考えています。

まとめ

本日のおさらいです!

バイオリンがうまくなるための姿勢を作るポイント
  • 骨盤を立てて、楽器から下の空間を大切に
  • のけぞりはダメ!お腹を軽く締めるだけでOK
  • そのままの高さで前傾姿勢するとボーイングが楽になる

バイオリンにとって、姿勢を正すということは、楽器を支えたり弦を押さえたりする左手や、弓を動かす右手の動きをスムーズにすることにも直結します。

骨盤を立てることで、最初は座骨や骨盤まわりが痛くなったりするのですが、練習していくうちに重心のかけ方の加減もわかってきました。

また、お腹に力を入れることで、お腹の脂肪減少効果も実感しています(笑)
女子には嬉しいですね!!!

ボーイングはバイオリンをやるうえで一生の課題と言われているほど、基本的かつ大切なこと。
間違った姿勢で練習を続けていると、正しいボーイングがやりづらかったり、間違ったボーイングを覚えてしまうことになるかも!?

今一度ご自身の姿勢を見直してみてはいかがでしょうか?