コラム

これで怖くない!初めてのバイオリンの弦の張り替え実践講座

本記事では、バイオリンの絃の張り替えを実演します。

というのも、先日、自分で弦の張り替えやってみよう・・・!と思って他のバイオリンサイト様の動画を見ながら実践しようと思ったとき、ペグを回す方向、弦や手の動きで混乱してしまったのです・・。

でも今回は、動画ではわかりにくい超基本的なところも、写真でワンステップずつ紹介していきますよ☆

  1. バイオリンの絃の張り替えが右も左もわからない
  2. 自分でやったら、弦が切れないが心配
  3. けど、そろそろ自分で張り替えられるようにならないと・・・。

そんな貴方は、ぜひ参考にしてください!!

用意するもの

新しい弦

弦は予備で1セットくらいは常に用意しておくとよいです。
特に、湿気が多い時期は突然弦が切れる・・・といった現象も多いです。

あわせて読みたい
湿気はバイオリンの天敵!! +αの対策でジメジメ季節を乗り越えよう季節は梅雨、からの、夏。 ジメジメ・ムシムシ・もわっとした空気は、汗が体にまとわりついて、本当に嫌ですよね。 実はこの湿気。人間...

また、後でも説明しますが、バイオリンの弦には、同じ線でも①先に球がついている「ボールエンド」②先にわっかができている「ループエンド」の2種類があるので、購入時は間違えないように注意です!

ペグコンポジション(なくても大丈夫)

ペグが硬くて回らない!という方はこちらをペグの先にぬりぬりします。
頻繁に使うものでもないので、買わずに楽器屋さんで調整してもらうのもおすすめです!

さっそく初めての弦の張り替えにチャレンジ!

今回私が挑戦するのは、G線の張り替えです。

G線は最も低い音。
張る力が最も弱いので、初めての弦張り替えに適しているのではないでしょうか!?

実は練習中に突然バチン!と音がしたと思ったら、G線が↓のようになっていました。
完全に切れてはいないですが、音はヘロヘロに・・・・。

また、先生からも「G線が切れてしまうと、張力のバランスが崩れて楽器の負担になる」とアドバイスをもらったので、速攻で取り掛かることにしました!

※本記事の弦の張り替え方法は、「バイオリン上達.com」さまの方法をもとに、自分でやってみてより分かりやすいように説明を追加しています。
>>もう狂わない!バイオリンの弦の巻き方!(バイオリン上達.comさまのサイトへ)



最初の巻きつけ方のコツ

弦の動きが見やすいように、ペグをバイオリンから取り出して解説します!
本来は最初からペグを差し込んだ状態で行いますし、他の弦とクロスしないようにつけないといけないので、さらに難しくなりますよ・・!

弦をペグの穴に差し込む

上から下でもよいのかもしれませんが、手順をはっきりするためにここでは下から上に差しています。
少し長めに出しておかないと、巻く時に抜けてしまったりして、大変かも。

左手の指で押さえながら巻きつける

差した状態で単にペグを回しても、一緒に弦を巻くことができません!
そこで、指で弦を押さえながら巻きつけていきます。

回す方向は、G線、D線は反時計回り、E線、A線は時計回りです。
つまり、渦巻側に向かって回すわけですね!

  • G線、D線⇒反時計回り
  • A線、E線⇒時計回り

今回はG線なのでペグを反時計回りで回して、それに合わせてひっくり返し、表に持っていきます。

今度は表から裏に持って行って、弦を巻きつけます。
その際に人差し指を使って押さえます。

クロスに巻きつける

そしてさらに裏から表に巻きつけて、クロスで内側から外側に向かって弦を持っていきます。

ここまでで、1回転半巻きつけた状態になります。
単にペグを回せば巻けるのでは!?と思っていた私は、ここで少し苦労しました・・・!



ここからはペグを回せば巻ける!!

1回転半、押さえつけながら巻きつけた後は、弦を楽器の外側に向かって引っ張りながらペグを回していきます。

ここでは、他の弦と重ならないように巻かなければいけないことに注意!!
別の弦が張ってある状態だったので、それらを避けて巻くのが大変でした。

G線、D線の上下関係はこんな感じ。

上下関係をまとめると、G線↓ ↑D線 A線↑ ↓E線となります。
楽器の外側の弦が下、内側の弦が上、とも言えますね!

本来、弦を巻く順番はG線⇒E線⇒D線⇒A線と、外側から内側の弦を巻くことになるので、自然とこの上下関係になるのですが・・・・
一度にすべての弦を変えることはあまりないので、この上下関係を意識しておいたほうが良いかもしれません。

逆側のつけ方

ある程度巻けたな、と思ったら、逆の末端をバイオリンのテールピースと呼ばれるところに取り付けます。

テールピースの丸い穴に差し込んで、細いところを通して、奥の行き止まりまで持っていき、ひっかけます。
思ったより深く差し込んで、奥までしっかりとはめ込む感じでした!

しっかりはめ込まないと、巻いている途中で外れて、やり直す羽目になることも・・・。

今回はG線なので、「ボールエンド」の弦でしたが・・・輪をアジャスターに引っ掛けるタイプの「ループエンド」の弦の場合は、また異なります。

アジャスターとは、ペグだけでは難しい音程の微調整をするところです。
基本的には張力の強いE線のみについています。
しかし、入門用のバイオリンのセットには、すべてにアジャスターがついていることもありますね!

細かい音程調節が難しい!という方は、すべての弦でアジャスターをつけることも実は可能です。

しかし音の響きが悪くなる、とのことでほとんどの人はつけていません。
バイオリンは、そんなちょっとのことが、音質につながっていくんですね・・・!

あ、駒の溝に合わせながら巻いていくことも忘れずに!



音程を合わせる

前に押しながらゆっくりペグを回し、時々チューナーで音程を確かめます。
ここで焦ったり勢い余って力強く回しすぎると、弦が切れることがあるので注意です!!

G線でも、合うまでの巻き数が意外に多かったです。
よく知っている音程になった時は、とても感動しました♪

初めて弦を巻いてみた結果!!

このような感じになりました↓↓

少し左端に寄ってるかな・・?
もう少しペグ全体に巻ければよかったのですが、既に張ってある他の弦の下になるので、難しかったです。
しかし、張り替えた後は特にトラブルなく、音程も安定してきました!

切れなくてよかった~!

まとめ

初めてでもうまく巻くためのポイントとしては、

  1. ペグを回す向きと最初の巻きつけ方をマスターする
  2. テールピースと駒にもしっかりはめ込む
  3. ペグは押しながらゆっくり回す

①は一度やってみたら理解できたのですが、③は指の感覚でとらえるところがあるので、慣れも大事だなと思いました。
個人的感覚としては、「じわじわっと巻く」、がしっくりきます(笑)

バイオリンの弦のを自分でできるようになることも、バイオリン技術向上のうちです。
これまで怖いな、よくわからないな、と思っていた貴女も、ぜひ挑戦してみて下さい!!