レッスン

バイオリン教室通うなら「グループレッスン」がオススメ!その理由

バイオリンを習いに行きたい!と思ったときに、どこの教室に通うかと同時に決めなければいけないのが、レッスンの形態。

バイオリン、楽しく上手くなりたい!

バイオリン教室通うんだったら、
『個人レッスン』『グループレッスン』どっちがいいの?

個人のバイオリン教室ですと個人レッスンしかないことがありますが、大手の音楽教室に通う場合はグループレッスンも選べることが多いです。

  • 個人レッスン:ワンツーマンの指導を受けられるレッスン形態
  • グループレッスン:先生一人に対して同時に少人数を指導するレッスン形態

個人レッスンは密な練習ができるからいいな!と思いがちですが・・・・
私は、大人の習い事としてバイオリン教室に通うなら最初はグループレッスンをおすすめします。

だだしここでは・・・・「最初は」というところが肝なんです!!!

今回はその理由について、個人・グル-プ両方のレッスンを受けたことのある経験からお話します♪

あわせて読みたい
アラサーからバイオリンを始めてみた。~2年間の成果をご報告~アラサーにして全くの初心者からバイオリンを習い始めた私。 早いもので、2年が経過しました。 バイオリンをやってみたいけ...

グループレッスンをおすすめするワケ

バイオリン仲間ができる

グループレッスンでは、数人のメンバーと足並みをそろえて進んでいきます。
実力が近いもの同士での合奏は、一つのものをみんなで作り上げたという達成感を得ることができて、とても楽しいです。

また、仲間の存在は、楽しさだけではなく、モチベーションの向上にもつながります。

レッスン後に先生と別れた後、メンバーとお話します。
自分と同じ立場からの感想やアドバイス、意見はとても参考になりますし、ここで苦労しているのは私だけじゃなかったんだ!と思うと、練習のモチベーションも上がります。

私はバイオリンを習う以前は、個人レッスンでボイストレーニングを習っていました。

個人レッスンですと、自分の実力を比較したりボイトレについて語り合ったりする相手がいません。
その結果うまくなっているのが実感できず、モチベーションが下がってしまったんですよね・・・。

さらに、普通に生きていれば出会うことのできなかった人に出会えるのも、グループレッスンのいいところ。

私のグループのメンバーは、自営業のお兄さん、独身貴族を満喫しているおじ様、主婦のおば様、経理のおねえさんなど、本当に個性豊かで様々!!
メンバーのお仕事やプライベートのお話を聞いていると、いろいろな世界や考え方を知ることができます。
自身の視野が広がり、ライフスタイルにも少なからず影響を与えているなー、と感じます。

グループレッスンは、バイオリン以外の学びも多いのも醍醐味ですね。

ちょこっとコラム

私がグループレッスンを選んだ理由に、実は”男性とのよいご縁もあればな・・・”と思ったのもあります(笑)

私は年代やタイプが違いすぎてご縁はありませんでしたが・・・
実際に私の先生が過去に受け持った生徒さんで、同じグループレッスンで恋仲になった方々がいたそうです♡



音感が養われる

バイオリンを始めた人が真っ先に直面するのが、「音程が合わせられない!!」問題でしょう。

バイオリンにはフレットがないため、弦を押さえる位置を覚えなければいけません。
ですが、姿勢や構え方によって弦の見え方も変わってくるため、位置を完全に覚えるのはとっても難しいのです!

そこで大事なのが、鳴らした音を耳で聞いて、正しい音程に合わせる能力です。

グループレッスンでは、仲間で同じ曲を練習して、最終的には合奏します。
その練習の中で、仲間の音を客観的に聞いたり、仲間が鳴らす同じ音に合わせたりすることで、一人で練習するよりも早く音感が養われていきます。

ただし、初めはメンバーと音があっているのかどうかもわからないですよね。
でもグループレッスンの場合は、先生が「○○さん高いよ!」「お互い音程が違いすぎて、気持ち悪いことになってるよ!」などと教えてくれます。

「不協和音がどういう風に聞こえるのか」を知ることができるのも、グループレッスンのいいところだと思います。

あわせて読みたい
バイオリンの音程を正しくとれるようになる♡練習法!バイオリンは弦楽器の中でも、フレットがない分、音程をとるのがとても難しい楽器。 「弾いてるうちに体が覚える!」というアドバイスをも...

基本技術への「気付き」がある

グループレッスンでは先生から他のメンバーへの指導を聞くことができます。
そこでは、自分は注意されてこなかったけど、これまであまり意識せずできていたな、という「気付き」がとても多いです。

できているところがどうしてできているか?なぜその演奏方法がいいのか?

他の人へのアドバイスを聞いてそういったことが知識として養われることで、今後の練習の意識や実力の付き方が全く変わります。

私の場合

テンポが速い曲や左手の指の動きが複雑な曲で、途端に4の指の開きが追い付かず、音程が合わなくなってしまったんです。

「あの時、手の形をちゃんと意識して正しておけばな」と、実感した瞬間でした。

この場合は「人の振り見て我が振り直せ」とは違うかもしれませんが・・・グループレッスンで得られる基本知識はとても多いですよ!



物足りなくなったら、個人レッスンへの移行を!


ここまで、グループレッスンのメリットをお伝えしてきました。

だだし、それらは「バイオリンのモチベーション維持のため」や、「まだバイオリンで注意することがいまいちわからない場合」などはよいのですが・・・
バイオリンを長く続けたい、もっと上手くなりたいと思ったときは、個人レッスンへ移行したほうがいいでしょう。

意識して練習を続けていくうちに、自分の弱点や先生に見てもらいたいところが自分でわかるようになってきます。
しかしグループレッスンは基本的に実力が低い人に合わせて進んでいくので、適切な指導が自分に行きわたらなくなってしまうのです。

最初は自分でも何ができていないのかわからない状態なので、グループレッスンで他の人の指導から課題を見つけることもできます。
しかし、自分の欠点がだんだんわかってくると、そちらを重点的にレッスンしたい、と思ってしまうんですよね。

レッスンに物足りなさを感じ始めた時は、自分の実力もついてきたという証拠!!
少し緊張するかもしれませんが、ぜひ今後のためにも先生にレッスン内容の要望やレッスン形態の変更を相談してみてください!!!

まとめ

グループレッスンでは、一緒に練習していく仲間がいることで、モチベーションの向上につながります。
特にバイオリンについては、音感やたくさんある基本技術の取得にも、大いに役立つんです!

大人は、どうしても習い事やその練習時間が制限されてしまうし、意識しないとなかなか新しい出会いがありません。
これまで独学や一人では続けられなかった・・・って方は、ぜひグループレッスンから挑戦してみてはいかがでしょうか?

貴女のライフスタイルを豊かにしてくれること間違いなしですよ♪